調停の前に

調停の前に

特定調停による処理も任意整理による処理と同じように各お金の貸し手に対し借金の支払いを継続することを前もって決めた債務の整理の方法になります。

 

わかりやすくいうなら裁判所が行う借金整理といえるでしょう。

 

特定調停という方法も任意整理による解決と同じように破産と違いある部分のみの借金のみをまとめることができますので他に保証人が関連する借入金を除き手続きする場合やクルマのローン以外について手続きしたい際なども用いることが可能になりますし築き上げてきた資産を処分してしまう義務がないため株式や不動産などの自分名義の資産を持っていて処分したくない状況においても活用できる債務整理の手続きになるでしょう。

 

しかし、これから返済する額と実際としての所得額を比較検討し常識的に見て返済が見通せるようであれば特定調停での処理を進めることは可能ですが、破産手続きと違い負債自体がなくなるというわけではありませんので負債の総量が多い場合には、実際的には手続きを実行するのは難しいということになります。

 

いっぽう、特定調停は裁判所という機関が介入するので司法書士事務所などに頼まなくても立場が弱くなってしまう心配がないということとか手続きのための諸費用を削減できるというポイントがありますが債権者それぞれのきびしい催促に対応していくことになることに加え実際に裁判所にことあるたびにおもむく手間を要するなどの要素もあります。

 

それから、任意による整理と比較すると、この方法で同意に達しないような場合は利息を全部含めた形で支払っていかなければならないということや最終的にお金の貸し手に対して返すお金が任意整理による手続きより高くなってしまう場合が多い等の留意点もあります。

 



関連記事

  1. 実家が近かったら家出し放題なのに...
  2. おすすめのヘアケア
  3. 調停の前に
  4. とりあえず見ておきたい代行会社のサイト
  5. 腰痛に効果のある体操を知りたい
  6. サプライズプロポーズをやりたがる友人
  7. テスト