育毛剤の種類と特性について

カンパネラとリリース > 日記 > 育毛剤の種類と特性について

育毛剤の種類と特性について

育毛剤には様々な種類が存在します。

一般的なものは、スプレータイプシャンプー錠剤などが一般的です。

まずスプレータイプのもの。

頭皮に直接吹きかけると、清涼感を得られつつ、含まれた栄養と刺激で活性化させるというものです。

価格が安い事と入手が容易である事はメリットと言えます。

また殺菌効果が含まれているものも多く頭皮を清潔にすると言われています。

しかし調べていくと、頭皮にかけて栄養が髪に行き届くのかという疑問、髪を濡れた状態にする為雑菌が沸き易い環境を作る。

香料や髪がパリッとした状態になる為、使用できる業況が限られてくる欠点がありました。

数ヶ月使用しましたが効果も得られず、利用しなくなりました。

次にシャンプータイプ。

価格帯は一般のものの数倍である場合もあります。

こちらも定期的に使用しましたが髪が増えるということはありませんでした。

ただ抜け毛や細毛の原因となるような、頭皮環境を整えると言う意味では効果があるのか抜け毛は暫く減りました。

単発ではなく、ある程度長期的に利用するのがオススメです。

錠剤タイプのものには、プロペシアが一番効果があります。

しかし非常に高価で薬局などで購入するのは難しいです。

コレに近く安価なものがフィンペシアです。

こちらも取り寄せでの入手となりましたが半年で効果が得られました。

例えばおでこの生え際に産毛が生えてきました。

副作用事例としては一時的に抜け毛が増えて増えて生える、無関係の部分の毛が濃くなる、精力不振など。

私の場合はどれもありませんでしたがリスクが大きいのが錠剤に共通する欠点です。

最近オススメは育毛ではないですが、ノコギリヤシのサプリメント。

天然成分で副作用の心配が少ないです。

食生活や生活習慣も見直した上で行ったのでまだ検証中ではありますが、髪にハリが出た、抜け毛が減った、ヒゲが薄くやわらかくなったなどです。

髪に良い栄養はプロテイン亜鉛ビタミンB26Eなので栄養面から見直しています。

育毛剤 おすすめ 男性


関連記事

  1. 現金化サイト|銀行の系統の消費者金融は...。
  2. 育毛剤の種類と特性について
  3. テスト