就職という人生の岐路に立って

カンパネラとリリース > 保険 > 就職という人生の岐路に立って

就職という人生の岐路に立って

私が家出したいと思ったときは、就職に行き詰り、家にいたくないと思ったときです。就職氷河期と呼ばれた時代がしばらく続いていましたがその時代の就職でした。親にせっかく大学に行かせてもらったのに、就職を決めるのは容易ではなく、非常に申し訳ないというきもちでいっぱいでした。お金をかけて育ててくれたのに、親に何も恩返しできず、このまま、決まらなかったら、親にまた、負担をかけてしまう。そんな思いが大きくあり、家を出て一人で、知らない土地で始めた方がよいのではないかという気持ちでいっぱいでした。しかし、そんな経済力もあるわけもなく、本当に自分という人間が嫌になりました。就職活動で、書類や面接で落とされるたび、自分という存在が否定されたように感じ、本当に私の人生の中でも落ち込んだ時期でした。その後就職したため、結局は家出はしませんでしたが、就職は本当に家出をしたくなる出来事でした。 大宮の原一探偵社は結局高いの?安いの?

関連記事

  1. 就職という人生の岐路に立って
  2. テスト